【磨け!男子力】日本男子とカナダ男子の5つの違い

JAPANESE

こんにちは、最近ハマっているものはアラジン、ゆいです。

 

皆さん、突然ですが、「世界的に見ると日本人男性ってあまりモテない」って聞いたことありませんか?

逆に、日本人の女性は声をかけられやすいのだとか。

おしとやかで、あまり主張が激しくないところがウケるポイントだそうです。

同じ国民なのに、男女で差が生まれるのはなんでだろうなーっと思い、今回は、私や友だちがカナダで出会った男性と、日本人男性の違いを考える会にします。

 

以前の「Japanese Words for Today」では、恋愛に使える日本語を英語で紹介して、日本語での表現と英語での表現の差をチェックできるので合わせてぜひ。

 

実際、日本人の男性がモテずらいかと言われれば、「必ず」とは言いませんが、自分のみていた限りの感覚では「イエス」でした。

海外経験のある日本人女子同士なら一度は話したことのある話題かもしれませんが、女子的目線で勝手にカナダと日本の男子の違いを比べてみます。

ゆい
ゆい

女子会のノリで読んでね

※あくまで個人の独断と偏見がたっぷりです。

 

 

「ここが違うよ」5つのポイント

  1. レディファースト
  2. スキンシップの爽やかさ
  3. 体格の差
  4. ファッション・見た目
  5. 肉食or草食?

 

 

1:レディファースト

カナダに限らずアメリカも、行ったことはないけれど話を聞く限りヨーロッパも、あとは韓国や中国なんかのご近所東アジアも、なんといってもレディファースト。

  • 車や建物のドアを開けてくれる
  • 夜道を送ってくれる
  • 気がつくとさりげなく車道側に立ってる
  • 気遣いの言葉が出てくる
  • 心なしかスマートにおごってもくれる

もちろん、すべての男性がそうではありませんが、あくまで傾向として、私が海外で出会った日本人以外の男性は、好意の有無に関係なく、“自然と女性を気遣う” ことが上手だったと思います。

しかも、そういう環境に慣れて育っていない日本人女子だからこそ、自然な気遣いにキュンときてしまうことも多いのでは?

だからと言って、日本人男子が同じようにレディファーストを実践しても、ぎこちなくなってしまう印象が、、、

この問題どうしたらいいんでしょうかね?

電車やバスで誰かが女性にぶつかれば、他の誰かが助け舟を出してくれたり、個人的には、下心に関係なく男性が女性に優しい社会は微笑ましいタイプの人間なので、日本でもこういう文化が根付いてくれるといいなと思います。

 

 

2:スキンシップが爽やかさ

日本では過度なスキンシップは「誘ってる」と思われたり、「あからさま」だからと嫌煙されがちです。

しかし、カナダでは仲良しの男女がハグしたり、ときにはほっぺにキスしたりして愛情(?)表現するのは不思議ではないことでした。

これも好みの問題で、中には異性に馴れ馴れしく触られたり、パーソナルスペースに入ってこられるのを不快に思う人もいると思うので、必ずしもスキンシップを頻繁に取るべきだとは言いません。

しかし、男女の隔たりなく感情を表現できるのがすごくいいなと思いました。

逆に、日本人男性は「不快感」を与えることがないはずです。ガツガツ自分からハグやキスを積極的にしに行く人も少ないでしょうし、スキンシップに抵抗のある人とも、適度な距離感を保って仲良くなれるのは強みだと言えると思います。

ゆい
ゆい

言葉だったり、一緒に何かをする経験とか、

いくらでも友情を築く手段はあるもんね

 

3:体格の差

カナダの大学生活で明らかに日本と違うと感じた点の1つに、「ジム通い」があります。

学生は大学付属のジムを無料で使用することができ、部活やサークルなどでスポーツをしていない人でも、放課後などにふらっと寄ってジムで筋トレをしていく人がたくさんいました。

特に若者の間で「筋肉」はモテる男の条件の1つでもあったので、友人でも「魅せる筋肉」作りに勤しんでいる方も多くいました(笑)。

日本では、「筋肉」はあまり必須条件ではないですよね。とくに、古着などのファッションを楽しむ人は細身でスラッとしている方が服も映えます。日本人女子も、筋肉マッチョで男臭い!より、一緒に買い物を楽しんだり、ファッションについて語れる方が好ましいと考える人も多いと思うので、この違いは本当国民性だなと思いました。

 

 

4:ファッション・見た目

圧倒的に日本人男子が圧勝しているポイントが1つあると思って、、、ファッション性です!

カナダ男子はTシャツにズボンにバックパック、スニーカーというようないたってシンプルな装いの方が圧倒的に多く、男性のファッション自体もジャンルごとに系統が異なるというほどの違いを感じませんでした。

一方で日本男子は、とくに大学生くらいの若者はアクセサリーや好きな系統のジャンルやブランドがある人も多く、ファッション性の高さはピカイチだと思います。

これは女子にも言えることで、カナダ女子は大学に来るのにヨガパンツにTシャツにバックパックにビーサンみたいな、「究極のラフ」で現れますが、日本人留学生はきちんとメイクもヘアもしっかりセットしてきちんとしている人が多かったように思います。

「服がダサい人とは絶対に付き合えない!」という人には日本人男性の方が向いているのかもしれません。

 

ところで、靴下の丈ってどうなってんの?

1つ、個人的な疑問なんですが、とくに男子の「靴下の丈」ってどうなっているんでしょうか、、、

なんかくるぶし上でふくらはぎより下みたいなあの絶妙な丈感で、半ズボンにスニーカーなんか履かれると“ティピカル外国人” って感じがしますよね。

あの靴下の丈だけは終始私の中で謎です。

 

 

5:肉食or草食?

これこそ、国によって分けることができない部分ではあると思いますが、あくまで傾向として、、、です。

カナダでは、パーティーやクラブなどお酒を飲む場では、男性が女性を積極的に誘うのが普通でした。

日本人女子なら海外に行けば1度は声をかけられるはず。

ゆい
ゆい

私の友達はインドネシアに行った時、道を歩いていただけでI love you!!と言われたそうです(笑)

初対面でいきなり、「かわいいね」「好きだよ」なんて言われ慣れていない日本人女性には、好き嫌いは分かれると思いますが、新鮮な体験であることは確かだと思います。

しかも、これは性別に関係なく、他人から好意を示されて不快を覚えることの方が少ないですよね?知らない人でも、悪い気はしないはずです。

日本人男子もあと少しだけ積極的に行ってもいいかも?

 

注意も必要

ただ、いきなり初めてあって口説かれたとしても、相手が本気で恋愛したいとは限りません。短期間だけの恋(?)を望んでいる場合も普通にあります。

なので、自分の希望で「遊びたい」ならともかく、思い違いで本気になって、傷つくことのないように注意しましょう。

“The bar isn’t the best place to find a lover So the bar is where I go.” とEd Sheeranも言ってますし、「場所選び」も重要かも。

 

 

まとめ

自分が周りの友達とよく話すことだったり、経験から考えた「日本人男子とカナダ男子の違い」について書きました。

あまり参考になる内容ではなかったかもしれませんが、「ああ、わかるー」的なノリで楽しんでいただければ嬉しいです(笑)

結局人間は、「ないものねだり」する生き物なので、「新鮮な違い」に惹かれるのではないでしょうか?

そういう意味では、日本人男子には日本人男子ならではの魅力で夢の(夢かどうかはわかりませんが)金髪美女のハートを射止められるかも!

と、、、余計なお節介を焼きました。失礼しました。

 

では、また面白い恋愛ネタを仕入れたらシェアしたいと思います!

 

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESE留学中の生活
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました