【世界旅行】「わたしの留学先」の魅力をご紹介!フィンランド編

JAPANESE

昨日のノルウェー編に引き続き、今日も【インタビュー】企画をお届けします。

留学経験者に聞く「わたしの留学先」の魅力をご紹介のコーナーです!

前回のノルウェー編はこちらから。

 

 

今回協力してくれたのは、、、

日本の大学に通う3年生のナナコちゃん。

  • 海外旅行経験は豊富だったけど留学は今回が初めて
  • 比較的外交的で、日本では友人関係に悩むことも殆どなし
  • 食べることが好き!

インタビュアーは引き続きメンバーのしゅうにお願いしてます。

 

 

「わたしの留学先」

フィンランド、ヘルシンキ

 

 

留学前に抱いていたイメージと実際にいって感じたギャップ

ひさまつ
ひさまつ

まず、最初の質問です。

留学する前のイメージとしてみた後で何か感じるギャップはあった?

 

ポジティブなギャップとネガティブなギャップの両方を感じました。

ポジティブなギャップとしては、欧州の友人からの人種差別的な視線を感じなかったことです。

フィンランドはEU加盟国なので、人の出入りが比較的多いと感じました。そのため、イギリスやドイツ、スペインなど、ヨーロッパ各国からの留学生が沢山いる環境でした。彼らは日本に対してすごく良いイメージを持っており、日本の文化を尊敬し、少し憧れを抱いているように感じました。このように、比較的親日な人が多かった上、様々な国の留学生が集まる環境にあったので、快適に楽しく過ごすことができました。

 

ひさまつ
ひさまつ

ネガティブなギャップというのは?

やはり同じ国の人と群れる傾向にある子が殆どだったことです。

混じることも勿論ありましたが、結局は自国民同士で出かけたりしているのが目立つ上、英語を使わずに自国語で会話をする場面も多々ありました。また、ゴシップや重要な話を自国民同士で交換する光景も目立っていました。私は日本人1人だったので、最後に頼れるのは結局自分だけなんだと、当たり前ですが強く再認識しました。

ひさまつ
ひさまつ

よその国で暮らす時には、同じ国出身というだけで仲間意識が生まれることもあるよね。困った時に頼りになる反面、居心地がいいからとつい行動を共にしてしまうのはどこの国の人も一緒だね、、、

 

 

留学先の国民性

ひさまつ
ひさまつ

フィンランドの国民性としてはどんなことが挙げられるかな?

フィンランド人は、内向的で他人にあまり干渉しないと感じました。

フィンランド・ナイトメアと呼ばれる、国民性を面白おかしく皮肉に描写した絵本も出版されているほどです。普段は内向的ですが、お酒が大好きで、酒を飲むとよく話す人が多いです。仲良くなりたければ、積極的にお酒を飲みに行こうと誘うことが最善でしょう。

また、パーソナルスペースが広いことでも有名です。3人がけのベンチにフィンランド人が座っており、1つ空けて隣に座った際に、そのフィンランド人が立ち上がって席を退いたのはとても印象的な出来事でした。

ひさまつ
ひさまつ

じゃあフィンランドの人はきっと日本の満員電車のパーソナルスペースの狭さに驚くね。

 

 

おすすめの観光スポット

ひさまつ
ひさまつ

フィンランドに来たら行くべき!な場所ってある?

フィンランドの一番のおすすめスポットは、ラップランド地方です。

冬に訪れると、美しい、空一面のオーロラを観測することができ、ハスキー犬のそりに乗ったり、野生のトナカイに出会ったりすることができます。マイナス20度以上の極寒の世界ですが、あの独特の空の色、一面の雪景色は一生忘れることができないでしょう。

また、ヘルシンキから往復3000円ほどでエストニア行きのフェリーが就航しています。エストニアは物価が安く、治安もいい上にオールドタウンがとても素敵な小さな国なので、フィンランドに渡航する際には必ず立ち寄ってみてください。片道約3時間なので、日帰りでも十分に楽しめるでしょう。

 

 

留学先のグルメ

ひさまつ
ひさまつ

フィンランド料理ってどんな感じなの?

トナカイやサーモン、魚卵などは必食です。

伝統的なサーモンスープやシナモンロールも美味しいです。

パウンドケーキのようなブルーベリーパイもかなりオススメです。

フィンランド人に作ってもらうか、港のマーケットで試してみてください。また、リードルというスーパーに安く売っているパンはとても美味しいので利用してみてください。コーヒーの消費量が高いフィンランドには、美味しいコーヒーをいただけるコージーなカフェが沢山あるので、ぜひお気に入りのお店を見つけてみてください。

 

ひさまつ
ひさまつ

さすがヨーロッパだな、、、

カナダよりオシャレな響きが多い気がする、、、(笑)

 

 

 

恋しくなった日本食

ひさまつ
ひさまつ

ヨーロッパの生活でも何か恋しくなった日本食はある?

ベタですが、お寿司です。

お寿司はスーパーやSushiレストランなどで手に入りますが、日本の繊細な、美味しいお寿司がとても恋しくなりました。また、牛肉があまり美味しくないので、牛肉のさまざまな部位を食べることができる焼肉も食べたくて仕方ありませんでした。

 

ひさまつ
ひさまつ

確かに。

海外にいくと意外なのが、BBQスタイルで肉を焼いて食べることは多くても、日本みたいにうすぎりの肉を「焼肉」って形で食べることはほとんどできないことだよね。

 

 

 

これから旅行や留学で訪れる人に向けてアドバイス

ひさまつ
ひさまつ

最後に、これから留学や旅行でフィンランドに行く予定の人にアドバイスをお願いします!

留学に行くのなら、梅酒や日本酒、焼酎などの日本のお酒を持っていくと友人と楽しめると思います。

また、日本の調味料が売っているアジアマーケットや日本食スーパーはありますが、とても高いので、必要なものは持参することをオススメします。

冬のシーズンに旅行に行くのなら、ユニクロがないので、ヒートテックを持っていくこと、雪のなかでも滑りにくい靴でいくことをオススメします。

また、一年を通して、室内と屋外の気温差が激しいので、重ね着をしていくといいでしょう。サウナ施設が沢山あるので、一つは行ってみてください。水着、タオル、ビーチサンダルを持参しましょう。

 

ひさまつ
ひさまつ

とてもわかりやすいアドバイスありがとうございます!

フィンランドに行ったらお酒の席で友達を作って一緒にサウナに行きたくなった(笑)!

 

 

まとめ

前回のノルウェーもそうでしたが、北欧の国は雪国でも風情があるというか、、、一回は行ってみたいですね。

旅行でもなかなか行く機会がないところに留学できるのは羨ましい限りの経験です。

これからも【インタビュー】企画は継続予定なので、旅行や留学先として検討している国は特にチェックをよろしくお願いします!

 

今までの【インタビュー記事】はここにまとまってます。

 

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESEインタビュー
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました