【ホームステイ】なら絶対に学校と家は近い方がいい理由〜個人的原因と対策〜

JAPANESE
こんにちは、ゆいです。

 

今回は、前回記事の続きです。

留学するならホームステイがいいのか寮や賃貸アパートを借りる方がいいのかという問題について一般的に考えられる<ホームステイの理想と現実>を紹介しました。

前回の記事はこちらから>>

 
 
今回はもう本当に、筆者が警鐘を鳴らしたいだけのトピックについて独断と偏見で勝手にアドバイスする内容です(笑)一般的に役立つ情報かはわかりませんが知っておいて損はない話、、、だと思います。
 
結論から先に申し上げますと、タイトルにもある通りホームステイするなら、絶対に学校と家は近い方がいいよという話です。
 

なぜ

留学先が都会か田舎かにもよるのですが、大前提として他の先進国と比較しても日本の交通機関の正確さ・速さはトップレベルです。

特に都市部に住んでいる方にとって、短いスパンであっても時間通りに電車がホームにやってくるのは当たり前で、乗車位置までピッタリ、さらには数分の遅れでも鉄道会社は謝罪を強いられ、振替輸送などですぐに迅速な対応がなされます。

これ、奇跡です。

しかし、一歩海外に出るとそうはいきません。特にそれが田舎の場合なおさら電車は来ません
 
 

<筆者が留学していたカナダのハリファックスの例>

(※一応ノバスコシア州という州の州都だった)

(家の前に路上駐車)
  • そもそも電車がない(隣の州とをつなぐ長距離想定の電車しか存在しませんでした)

  • 地元民の移動手段は基本車(北米でありがちですが、車は1人1台持っていたりして、大学にも大きい駐車場があります)

  • 車がない人の交通手段はバスかフェリー(毎朝フェリーに乗って通学している留学生の子もいました)

そして、このバスが問題なんです。

  • 全くと言っていいほど時間通りに運行しない

  • 街の中心地以外はそもそも1時間に一本くらいしかバスが来ない

  • もちろん振り替える電車がないので振替輸送とか存在しない上に、来るはずのバスが何の予告もなしに運休になったりする

※けっして悪口ではありません、事実です。

 

結果、車で30分の通学路を毎朝1時間以上かけてバスで通学していました。

特に放課後の帰路のダイヤの乱れがすごくて、乗り換えのバスが来なかったり、ひどい交通渋滞に巻き込まれたりして、なぜか帰るだけで2時間くらいかかるのです。

冬場は積雪などでそもそもバスが運行しなかったり、してもほぼ100%遅延するので、寒空の下、氷点下の外気にさらされて1時間くらいバス停で待ちぼうけをくらいます。

一方で、大学から徒歩5分ほどの家にホームステイしていた友達もいました。

これって単純に損じゃないですか?

バスが全く時間通りに運行してくれないのが原因でホストとのディナーに遅刻してしまったり、そもそも毎日の通学だけで体力消耗してグッタリです(笑)

ホームステイが悪いわけでも、バスが悪いわけでもないですがこれから留学に行く人たちに同じ思いをして欲しくないと思いました。

そこで、なぜ同じホームステイなのに(※同額支払ってても、毎月のバス定期代で上乗せ70ドルかかる)こんなに差が出てしまうのか考えました。

 

 

個人的見解の原因

たどり着いた結論は、「ホームステイ先を決めるために記入する調査書」です。

 ホームステイに行く前には、食物や動物に対してのアレルギーや、その他持病などに配慮できるように事前に記入して提出しなければいけない紙があります。

今思えばそこに「通学時間」という項目が存在していたんです。これは、現在日本で住んでいる場所から学校までの通学時間を記入する欄なのですが、私の場合日本での通学時間も1時間強かかります。

なんで私だけこんな遠くなの

と不思議に思いすぎて周りの日本人留学生に調査した結果、学校から徒歩圏内のお家にホームステイしている友達は日本での通学時間も短いという結果が得られました。

つまり、日本で長時間の通学に慣れてるなら留学先でも大丈夫だろ」という運営側の謎の判断で私は秘境の地に飛ばされた!、、、のです(多分)       

実際高校の時の通学時間が約2時間、現在大学で1時間強、毎日満員電車。

留学当時で5年間そんな日常を送っていたから耐え抜けたのだとは思うけれども、、、なんか不平等な気がするんだよな、、、

そこで、勝手に考えた対策法を伝授します。

 

 

対策

シンプルかつ安易ですが「通学時間」を改ざんする。それだけです。

大学側やエージェントがいちいち事実確認をしているとも思えませんし2時間かかっていようが、新幹線使ってようが、「15分」って書きましょう。

いいんです。知っている人が得をする世の中なんです。

(※これで本当に対策できるかはまだ検証していないのでわかりませんぜひうまくいったように感じた方がいたらご一報ください)

1人でも多くの留学生を「通学時間」から解放できればと思います。  

      
 

補足

逆に、アピールしたいところはある程度オーバーに書いてもいいんじゃないでしょうか。

私は犬好きで実家で犬も飼っていたので、「ペット可or不可」の質問に、「可・犬希望」で出しましたし、猫好きも猫希望で出してました。2人ともちゃんと家に犬と猫がそれぞれいました。

さらに、「タバコ」など「別に無理ではないけど、ない方がいいな」っていう人は「不可」にしてしまいましょう。半年や人によっては1年間住む家になるので小さなストレスが積もるのは精神衛生上良くないです。

 

 

まとめ

という、「ホームステイのための調査書の書き方ススメ」でした。

理想は世界平和でも、現状、真面目でいい人”が損する世の中です。知っている人がとりあえず得をすればいいと思います(?)

そして最後に、別にフォローしようとしているわけではないですが、田舎暮らしは最高です(空が広い)。

      
自然がいっぱいの場所でノビノビと暮らせたのはすごく良い体験でした。
  • 朝起きてカーテンを開けたら目の前に鹿がいて

  • 乗り換えがなく直通で行けるバスに乗るためにバス停まで毎朝45分歩いたのも健康的でしたし

  • 通学路には猫やリスがいて気分はさながらトトロのめいちゃんです

  • 帰り道はバス停から少なすぎる外灯を頼りに歩いていると、暗闇から鹿がぬっと出てきます(もうホラーです)

(サファリパークな日常)
(リスは動きがめっちゃ速い)
他ではできない経験がたくさんできました。楽しかったです、とても、うん。
 
 
 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESE留学前の準備
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました