【留学生】ホームステイ:1週間のリアル生活費公開

JAPANESE

こんにちは、特技は「バイトの掛け持ち」、最近の趣味は「節約」のゆいです。

タイトルにもある通り、今回は私が留学していた時の「ある1週間のリアル生活費」を公開したいと思います!

 

ちなみに、私の留学スペックはこんな感じ

  • 2017年8月—2018年1月までカナダに留学(1セメスターの短期留学)
  • ノバスコシア州ハリファックスのSaint Mary’s University(ど田舎)
  • 語学学校と大学での授業を受講
  • ホームステイ(ココ重要)

留学生活についてはこちらの記事から>>

 

私は学校からバスで1時間強の場所にホームステイをしていたので、これからカナダに留学するよホームステイをするよ、という方の中でも、

「実際留学の生活費ってどれくらいかかるの?」

「なるべく費用を抑えたいけど、可能?」

という疑問に答えていけるように、実際の生活費+ホームステイ生の節約術をお話ししていきたいと思います。

※学校の交換留学プログラムのようなもので留学したのでホームステイの料金は、事前に学校にお支払いしていて、そこからホストファミリーにお渡しされていたようです。

→私の場合は、1か月で個室・フロアメイトと共用のシャワー、洗濯機・1日3食込みで日本円にして約8万円ほどでした。                                

 

 

公開期間

  • 2017年9月25日(月)〜2017年10月1日(日)

留学開始から1ヶ月以上経ち、生活にも慣れてきた頃です。

留学のプログラム費(学費やホームステイ、飛行機代などを含むもの)はありがたいことに親が出してくれたので、私が自己負担したのは日々の生活費と、旅行代のみでした。

日本では割とアルバイターで、年収(?)は扶養ギリギリの103万くらい、月に最低でも8万は稼いでいたので、留学して学生ビザではアルバイトができず、いきなり「収入0」の現実は厳しかったですが、そのおかげで節約術が身につきました(笑)(後ほど公開)

そんなわけで、節約期間に入ると本当にお金を使わなかったのですが、なるべく「リアル」をお届けしたいので、今回ご紹介するのは、普通に遊んで、友人とご飯に行ったり、カフェに行ったりして過ごした「留学生活満喫中の生活費」です。

 

 

合計

結論から申し上げますと、この週に使った生活費は合計で、

$129.26でした。

※これに加えて、月末だったのでバス定期の更新に70ドルかかっています。

          

          

月曜日:9月25日

  • ゼロ!

なんといきなりゼロ(笑)

私の手元の日記兼家計簿の記録によると、1週間で50ドルという生活費の目標を立てて、毎日使ったお金やレシートを管理していた模様。

ちなみに、この日は普通に学校で授業を受けた後、学校隣接の寮に住む友達を作り、寮生に配布されている「学内でのみ使える200ドル分の電子マネー」の存在を知り、「それならおごって」と学内のカフェで飲み物をたかったそうな(笑)

放課後は、学生が無料で利用できる大学のジムでバドミントンと卓球をして安上がりな1日だったらしいです。

 

          

火曜日:9月26日

  • Tim Hortons コーヒーとクッキー $3.45
  • Sobeys お菓子 $6.88

合計 $10.33

「Tim Hortons」というのは、カナダで超絶有名なチェーンのカフェです。カナダではスタバより断然こっちの方が数が多い!Timへの愛は語り始めたら止まらないので、また別の記事にしたいと思います(笑)

※残念ながら日本には出店がありません。

「Sobeys」はスーパーマーケットの名前です。火曜日はStudents IDを持っていると10%のディスカウントを受けられるという情報を仕入れて行ってみた模様。外国はお菓子が高いです。そのかわりデカイ。日本みたいに100円でちょうど食べきりサイズを売ってはくれないので、飽きても食べるしかない、、、

こんな感じで、ディスカウントを受けられます!他のスーパーでも実施していたので、調べてみるといいと思います。もし割引の制度があれば、決まった曜日にまとめ買いすることでおトクに!

          

           

水曜日:9月27日

  • Tim Hortons ホットチョコ ギフトカード
  • 夜ご飯に焼肉 $27.57

またTimに行ったようですね。だから太るんですね。

この時は、同じくカナダに留学している友人から誕生日に頂いたギフトカードでお支払いをしたようで記録が残っていませんでした。

留学して1ヶ月を超えたあたりから急激に恋しくなる「日本食欲」を満たすために、1ヶ月に1度と決めて、日本人の友人と焼肉を食べに行っていました。ちなみに、コリアンバーベキューなので、日本の焼肉とは若干異なります(笑)

そして高い。

 

 

木曜日:9月28日

  • Tim Hortons $4
  • THAI EXPRESS $11.13
  • アップルピッキングのイベント参加代金 $20

合計 $35.13

え、Tim行きすぎじゃない?

しかも何を買ったか不明、、、たぶん飲み物です。

この日の夕食は、街に1つしかないショッピングモールのフードコートでタイ料理の「パッタイ」を食べた模様です。ファストフードは安くて早くておいしい上に、多くても持ち帰れるので夜食にもなります(もちろん太ります)

留学生に向けて開かれているイベントがほぼ毎週あったのですが、この時はアップルピッキングをしにスクールバスで隣街まで行くイベントでした。もちろんリンゴ取り放題と往復のバス代込みでこの値段。

 

 

金曜日:9月29日

  • バスパス $70 (※生活費には含みません)
  • 大学のパーカ、セールで$30

バスで通学だったので、バスパスは必須。学生料金で1ヶ月乗り放題で70ドルでした。近所の薬局で購入できます。

海外では、大学のロゴパーカなどで普通に学校に登校してきちゃうし、なんなら私服にも使っちゃいます(笑)デザインもものによっては可愛くて、この時はたまたま学内でセールしていた商品が可愛くて安かったので購入しました。

          

          

土曜日:9月30日

  • ポップコーン $5
  • Sobeys $16.23

合計 $21.23

アップルピッキングイベントの当日でした。ポップコーンはイベント会場にあった屋台のようなところで買ったのですが、その場で作って袋詰めしてくれ、食べきれないくらい袋に入れてくれるので、1日分のおやつになりました。

イベントで予想以上にリンゴが取れたので、アップルパイに加工することにし(なぜカロリーを増加させるのか)帰り道のスーパーで材料と柔軟剤などの日用品を買った模様。

結局タルトタタンにして、学校に持って行って消費してもらいました。

 

 

日曜日:10月1日

  • Tim Hortons フレンチバニラとベーグル(クリームチーズ入り) $5

はあ、、、Tim行きすぎじゃね?

この頃のマイブームが、フレンチバニラというあっまーい飲み物と、トーストしたベーグルにクリームチーズを挟んだもの(そりゃ太るわ)。

でも安いですよね?日本円に換算したら大体400円くらい。カフェで飲み物とパン買ったと思ったらだいぶ安いです。

 

           

ホームステイ生が抑えられる費用

「いや、めっちゃ使ってるやないか」

はい、、、びっくりしました。節約の影もありません。

こんなことだから後半で極貧生活を強いられたのでしょう。

この状態では説得力に欠けるかも知れませんが、ホームステイ生が抑えられる費用についてお話ししていきます。

主に

  • 食費
  • スーパーでの買い物

の2つです。

 

食費

贅沢を言わなければ0でいけます。

多くの場合、ホストファミリーに支払う金額には「食費」が含まれています。3食分全て含まれる場合と「昼ごはん代」が含まれないプランもあります。

<私の場合>

  • 朝食:

トースト・パックヨーグルト・紅茶・コーヒー・ジャム・ピーナッツバター・バター・バナナやイチゴなどのフルーツなどから好きなものを食べてねと言われました。

  • 昼食:

お弁当を持たされます。90%はサンドイッチとパックジュースとシリアルバーの3点セットでした。(たまに「野菜食べたい」というとサラダだけ、とか夕食の残りをタッパに入れてくれたり、、、)

※パンの食べ過ぎで帰国後半年程はパンを食べたい欲が全く湧きませんでした(笑)

  • 夕飯:

定番メニューは、焼いたお肉にマッシュポテトやグリルした野菜。または、パスタにガーリックトーストの組み合わせ。

家が遠かったこともあり、ホストとの夕食の時間に間に合わないことが多く、友人との外食が多かったですが、きちんと家に帰れば食費はかかりません。

 

スーパーでの買い物

先ほどもお話ししたように、カナダでは学生証を見せることで割引をうけられる機会が多々ありました。スーパーマーケットでは毎週火曜に10%オフ土曜日は学生関係なくノータックスデイでした。こう言う機会にまとめ買いすることでチリつもの費用を抑えることができます。

 

 

必要経費

逆に、節約中でも抑えられない費用としては、

  • 交通費
  • 消耗品

の2つです。

 

交通費

日本でもそうですが、寮やアパートに住む場合と異なり、学校から徒歩圏内での家にホームステイできる確率はとても低いので、交通費は必須です。

カナダではバス定期代で月70ドルかかっていました。

 

消耗品

ホームステイと言えど、洗剤や柔軟剤、シャンプー、ソープ、歯磨き粉などは自分で支払います。避けては通れない支出ですが、フロアメイトやルームメイトがいる場合、大容量のお得な商品を買って割り勘することで、ある程度費用を抑えられます。学校の友達どうしでシャンプーを分け合ったりしてる人もいました)

海外のシャンプーや柔軟剤などはとにかく大きいので、滞在日数が少なくなってくると確実に余ることが予想されます。そうした先輩方のあまりをもらったりすると、さらに生活費は浮きますね(笑)

 

            

まとめ

少しでもこれから留学する人の目安になればと思ったのですが、なんか途中からただのTim日記になってしまいました、、、

(この際開き直りますが、日記によると当時のマイブームだった卓球勝負に勝つと、Timおごりが定番化していたので、多分ほぼ毎日飲んでまs、、、)   

今回は「お金関係導入編」ということで、「1週間」と期間を割と短めに設定したので、すごく詳細までご紹介しました。似たような買い物で日本での生活費と比較することもできますし、海外での生活をイメージすることなどに役立てていただけたらと思います。

今後は、1ヶ月というスパンで固定費も込みのものや、携帯や銀行などの契約系など、「海外で生活する時に役立ちそうな情報」もあげていく予定です。

※明日の記事は「リアル生活費公開 アパート暮らし編」でお届けします!

 

ホームステイ関連の記事もチャックしてみてね>>

 

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESE留学中の生活
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました