【友達を作ろう】海外で使われるメッセンジャーアプリはコレだ!

JAPANESE

こんにちは、ゆいです。

突然ですが皆さん、留学先で作った友達やホストファミリーとどうやって連絡を取り合いますか?

LINEでいいでしょ?

という方はあまり多くはないと思いますが、念のため伝えておくと、LINEが主なメッセンジャーアプリとして普及しているのは日本のみです。

アジアだとアカウントを持っていたり、存在を知っている人は多いですが、それでもアクティブユーザーである人はあまり多くありません。

※2019年の1月時点でユーザー数は世界に1億9400万人

日本・台湾・タイ・インドネシアの合計が1億6400万人2018年12月時点

さらに、日本国内のユーザーは7800万人2018年12月時点)とほとんどを占めています。

(参照)

https://www.statista.com/statistics/272014/global-social-networks-ranked-by-number-of-users/

https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/Q4_earning_releases_JP.pdf

え、でもLINEのアカウントしか持ってないよ、何のアプリを入れればいいの?

とお困りの方に、今回は海外(この場合北米を中心とする英語圏地域)で主に使われているメッセンジャーアプリをご紹介します!            

と、言いましても、LINEやWE chat(中国版LINEみたいなアプリ)のように、「トーク」機能「グループトーク」機能「音声通話」機能など、連絡に必要なすべての機能を併せ持つオールマイティなアプリはないんです。

LINEの便利さに慣れてしまった私たち日本人には少し不便に感じるかもしれませんが、北米の人々はメッセージの内容(形式)や、通信環境などによって幾つかのメジャーなアプリを使い分けて連絡を取り合っています。  

ここでは、その中でも代表的な3つに絞り、それぞれの特徴やどんな時に使われるのかを話していきたいと思います。最後にSNS事情も少しお話しするよ!

 

 

これさえあれば!3つのメッセンジャーアプリ

1:メッセージ(SMS)

I phoneに標準搭載されているメッセージアプリです。連絡を取りたい相手の携帯番号を持っているとメッセージが送れます。

私の周りのカナダ人は「テキスト」と呼んでました。

文字でやりとりする連絡は、基本このメッセージアプリとFBのメッセンジャーで人気を二分しています。

<豆知識>

日本では、テキストも通話もデータ通信で行われることが主流のため、通信会社の提供するプランにも、月々20GB使えるものや、無制限など「データ通信量」に重きを置いたものが多いです。

一方で、私が留学していたカナダでは、データ通信量よりも電話のかけ放題」プランの方が充実している印象でした。なので、通話もデータ通信を利用するものではなく、電話回線で番号を使って普通に「電話」する人が多いです。

 

特徴

  • メッセージを送り合う連絡に一番使われている印象です。
  • 通話」も、お互いが「かけ放題プラン」の場合は、電話番号を使った電話回線「通話」をします。

※もちろん、かけ放題プランじゃない人もいるので、その場合は「FBのメッセンジャーアプリ」が多い。

※感覚としては、今や同世代の日本人の多くが月々20GB以上のプランを契約しているのと同じぐらいの割合で、カナダの大学生は「かけ放題」のプラン設定。

 

                 

2:Facebook メッセンジャーアプリ

Facebookのアカウントを持っていると利用できる公式のアプリです。Facebookで繋がっている友達とは連絡が取り合えるので、楽に連絡先が交換できるのも使い易い点だと言えます。

日本人で使っている人も多いですし、「アカウントは持ってる」という人も多いのでは?まだの方は海外に行く前に是非作ってみてください。

大学のコミュニティサイトや、教科書販売やイベントの情報などがたくさん入手できる場でもあるので、そうした公式の情報を収集するのにも最適です!

 

特徴

  • 先ほどのメッセージアプリと人気を二分するテキストスタイルの連絡手段です。「かけ放題」のプランに入っていない友達や、電話番号を知っているほど深い仲ではない友達ともメッセージを送り合える点が便利です。
  • 「通話」機能としてこっちを使う人もいます。
  • さらにメッセージアプリではできない機能として「グループトーク」機能があります。バイトや学校の部活、ソサエティ、授業のグループなど、事務的な連絡はほとんどメッセンジャーアプリでやり取りされる印象です。

            

           

3:Snap chat

この3つの中では、1番日本人に馴染みの薄いアプリだと思うので簡単に説明します。

 

こんなことができるよ!

  • スナップ(写真や動画)を送り合うことができる。

様々なフィルターやスタンプを使って写真を加工できる機能があり、写真の上にキャプションのようにメッセージをつけて送ることができます。

(こんな感じ)

  • さらに、個人間のやり取りもできますがグループを作ることも可能で、仲の良い友達との日常的なコミュニケーションに使われます。
  • 「ストーリー」機能もあり、撮ったスナップをフォロワー全員が見えるように設定も可能です。(Instagramのストーリー機能よりこっちが先!
  • テキストのやり取りもできます。が、他のメッセンジャーアプリと決定的に異なるのは、送ったメッセージやスナップは基本的に1度しか見れないこと!

※スナップの場合は2度まで再生可能ですが、2回目に再生された時はスナップを送った相手に通知が入ります。

スクリーンショットを撮った場合にも相手に通知が入ります。

※テキストやテキスト画面上に送られた画像は、長押しすることで保存することができます。

  • ストーリーや個人に送ったスナップは24時間でたとえ見ていなくても、自動的に消えてしまいます。

              

特徴

  • 「Bitmoji」という別アプリでアバターを作成でき、作成したアバターのスタンプなどをトークで利用できる。
  • Snap chat上でオンライン状態の時、設定で位置情報を公開すると、自分や相手の位置情報を地図上で確認することができる。※待ち合わせの時など、自分の位置情報を相手に送ることができる(ちょっと怖い機能)。
  • これは個人的にですが、他のアプリを立ち上げている時にメッセージが届いても通知に内容が表示されないので、内容確認のためにすぐ開き、メッセージが保存されないのですぐに返信するという流れが生じる。
  • やり取りが続くと、「仲の良さ(?)が深まったよ」的な感じでトーク履歴の欄で友達の名前の横にハートなどの絵文字が付きます。さらに毎日1往復以上やり取りを続けるとカウントが立ち上がり、そのカウントを絶やさないために連絡を取り合うみたいな状況になります(笑)

→どうでもいい写真でもとりあえず送りつける。

 

ゆい
ゆい

「スナチャあるある」

友達とのカウントが100超えてくると、1日忘れて履歴がゼロになった時の「何かを失ってしまった喪失感」によるショックが大きい。            

 

勝手なイメージ

外国人は自撮りが好きなのか?」と疑ってしまうほどスナップ内容のほとんどが顔(笑)

(例えば、「自分の顔+今日の授業何時からだっけ?」とか、写真と全く関係ないメッセージ内容率が高い)。

一番撮りやすいからなんでしょうけど、下を覗き込むアングルから撮った写真を送れるなんて、、、日本であまり普及しなかった理由の1つなのかなと勝手に思ってます。

 

             

さいごに

改めて、LINEって便利だなと、私は思ってしまいます。

何で普及しないんでしょうか、、、不思議です。

まあとにかく、アメリカやカナダなど北米に留学予定の皆さんは、とりあえずFacebookのアカウントを作る必須)。そしてSnap chatも作っておくといいよ!とアドバイスしておきます。

さらに、ホームステイする予定の人は、ホストファミリーとの連絡手段が結構重要になってきます。帰宅時間の連絡や週末の予定など、一緒に住むとシェアしておきたいことがお互いに多くなります。到着してすぐ、連絡手段を確認しておきましょう!

私のホストは日本人受け入れの経験が多く、LINEのアカウントを持っていたので連絡はすごく取りやすかったですが、現地の人は基本的にLINEを使っていない認識で間違いないです

            

             

SNS事情についてちょこっと

今回は連絡を取るためのメッセンジャーアプリのご紹介でしたが、最後に、実際現地の大学生が使っているSNS全般のことについて少しだけお話ししたいと思います。

 

圧倒的人気はInstagram

日本も同じですよね。ですが北米の場合はSnap chatの普及率もすごいので、ストーリー機能で比べるとSnap chatの方が使われている印象があります。DMなどでメッセージのやり取りもできますし、同世代だったら帰国後の近況もFBよりInstaの方が知りやすいと思います。

 

TwitterよりFacebook

日本よりも「情報収集」としてtwitterを使っている人の割合が高く、自分のことに関する投稿はFacebookかInstagramっていう印象です。

今は日本でもあまり初対面で「Twitter教えてよ」という流れが少なくなってきましたが、カナダではもっとありませんでした(Twitter聞いたことも聞かれたこともなかったかも、、、?)。

               

と、まあこんな感じで、メッセンジャーアプリにはあんなに違いがあったのに、それに比べたら、「SNS全体だと大差ないな」と思います。

需要がありそうだったら、SNSで使える英語スラングとかの紹介もしていきたいなと思ってます。

            

では、読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。   

             

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESE留学中の生活
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました