【自由の女神】ハリファックスから週末旅行で行ける観光地#2:ニューヨーク編

JAPANESE

こんにちは、学生最後の夏休みを目前に控えているゆいです。

 

今回は、JAPACANAの本拠地であるハリファックスから週末旅行で行ける観光地紹介のパート2と言うことで、【ニューヨーク】をご紹介します。

私が学校でのプログラム終了後に実際にニューヨークに行った時の観光の様子を元にお届けしますが、初めに言っておきます。

激安学生旅行です。

留学も終盤で、貯金も底をつきかけていましたが、「どうしてもニューヨーク行きたい!」と言うことで強行突破したので、激安旅行になっております。

そのため、一般に日本から優雅で贅沢なバケーションのためにニューヨークに行く方にはあまり参考にならないかもしれません。

しかし、私と同じように留学中や海外滞在中に、「こんな近所に世界的に有名な観光地があるのにお金がないからって諦めたくない!」と言う学生をはじめ、若い世代の方には参考にしていただけるかもしれません。

 

1つだけ強調しておきたいことは、、、

激安だけど、しっかり観光できた!ということです。

主要な観光地には行くことができ、節約しつつもしっかりニューヨークを楽しみきれました。

 

では、行ってみましょ。

前半戦の今日は6日の滞在の初日から3日目までをお届けします。

 

と、その前に、、、

まだお金に余裕があった頃の留学中の暮らしもわかる【リアル生活費公開】の記事も参考にどうぞ!

 

 

日程

  • 2017年12月18日〜12月23日の6日間

クリスマスからはフロリダのディズニーランドに行く予定だったので、学校の授業が終わってから、フロリダに行くまでの6日間をニューヨークで過ごしました。

 

 

総額

  • 宿代:1人¥14127円(合計¥28253)

マンハッタンのエアビーアンドビーに2人で5泊6日してこの値段です。

  • 飛行機代:マイルで飛んだのでタダでした
  • 生活費:$99.76

合計:日本円で大体25000円くらい?

ゆい
ゆい

激安くないですか、、、

 

 

空港が3つ?

私と友達はそれぞれ同じハリファックス国際空港から飛びましたが、違うフライトを取っていたので、到着時間がバラバラでした。

こんな風に、現地で待ち合わせする時の注意点

  • 同じ空港かチェック
  • お互いの到着ターミナルをチェックして待ち合わせ場所を確認

の2つです。

 

ニューヨークには国際空港が3つあります。

  • JFK空港
  • ニューアーク空港
  • ラガーディア空港

一番マンハッタンへのアクセスの良いJFK空港からでも地下鉄で50分ほどかかるので、到着する空港が違うと待ち合わせるのは困難を極めます。

 

次にするべきは到着ターミナルの確認です。

私たちはこれで失敗し、2人ともそれぞれ違うターミナルの同じ出口番号の前で待っていたので一生出会えませんでした(笑)

空港の地図などで事前に自分の到着するターミナルの確認をして待ち合わせ場所を決めておくことをオススメします。

 

 

第2の試練はWi-Fi?

カナダにいる時には遭遇しなかったことですが、さすがは世界的に有名な大都会・ニューヨークです。

空港内のWi-Fi利用もしっかりビジネス。

Boingo HotspotというフリーWi-Fiのサービスがあるのですが、なんと接続時間が驚異の30分です。

30分でウーバーを手配したりホテルまでの道を調べたり地下鉄の乗り方を調べたり、、、

やることはたくさんあります。

私の場合は友達と合流しなければならなかったので、Wi-Fiの電源を入れる時間もタイミングを図らなければなりませんでした。

結局30分の無料接続時間内では落ち合うことができず、延長として1か月5ドルを支払うプランでお金を払ってWi-Fiを使いました。

延長する時はマンスリープランに入らなければならないのですが、これは自動更新なので、解約を忘れると毎月5ドルずつ永久に徴収されます。

追記

私が利用した2017年末は30分だった無料接続時間ですが、2018年の秋から4時間まで接続時間が延びたそうです!

ゆい
ゆい

4時間あったらなんでもできちゃうね。便利な世の中だわ。

 

ところで、ニューヨーク観光ってフリーWi-Fiだけで大丈夫?

結論から申しあげますと、大丈夫です。

これも節約術(?)ですが、レンタルWi-Fiの利用には結構お金がかかります。

しかし、さすが大都会ニューヨーク。

東京よりWi-Fiスポットは充実してます。

観光だけの短期滞在だったらフリーWi-Fiだけで乗り切れるはずです。

特に驚いたのは、地下鉄。

どんなに小さくても各駅ではWi-Fiが繋がります。

しかも結構電波が強いのか、電車が走っている時でも駅に近づくとWi-Fiを利用でき、発車して離れると利用できなくなる、、、の繰り返し。

その他にもマックやスタバでは日本同様にフリーWi-Fiが利用できます。

 

 

ニューヨーク観光の足は地下鉄!

ニューヨークは東京のように地下鉄が利用できます。

頻度も高く10分に1本は出ているイメージなので、時間をきっちり合わせなくても行き当たりばったりで乗れてしまいます。

気になるお値段は

  • 一週間乗り放題で$32

購入は改札付近のマシーンで出来ます。

支払い方法はクレジットカードがオススメ!

紛失した時にも、クレジットカード払いなら使用日数分を引いた金額が返金されます。

紛失時の電話番号は212-638-7822

券売機での購入時のみ、レシートを印刷でき、そこには紛失時の問い合わせに必要な番号(#Auth, #Ref, #Serial)が記載されているのでレシートをなくさないように!

ニューヨークの地下鉄料金は毎年上がっていると聞きますが、日本の電車に比べれば安く感じました。1週間乗り放題で3500円ほどです。観光のためにたくさん電車を使いたい人にとっては日本の電車よりよっぽど経済的では?

 

 

エアビーアンドビー

ニューヨーク滞在は「ホテル」の方が多いと思いますので、ササっと済ませたいと思います。

私たちが利用したのは、ニューヨークの中心地であるマンハッタンエリアにあるアパートの1室

地下鉄の駅から歩いて5分ほどで、夜間は治安がいい印象はありませんでしたが、女の子1人とかで出歩かなければ多分大丈夫です。

そして驚いたのは、ホストのお家の中に私たちの部屋があったこと!

3人家族のお家にお邪魔したのですが、キッチン・お風呂・トイレは共用でした。朝シャワーを浴びようと思っても、出勤前のパパさんが浴びていれば入れない、、、みたいな若干の不便さはあったものの、ホストの方たちはいい人で特に干渉してくることもなく、知らない言語を話すちびっこいアジアン2人といい感じに共存してくれました(笑)

エアビーのいいところはやっぱりキッチンが使えるところです。

キッチンが自由に使えたので、安くスーパーで買ってきたものを調理できました。

 

 

ニューヨークの水は美味しい!

これ、すごく個人的に意外だったことなのですが、ニューヨークのお水、、、飲めます。

しかも、調べたところによると、アメリカの中でも綺麗な水なのだとか。

そのあとに行ったフロリダの水道水は硫黄の風味がして、とても水だとは受け入れられなかったですが、ニューヨークの水は飲めます!

これで、重たい水をわざわざ運ぶ必要もなく、しかも買う必要もなく、水筒にリフィルして水を持ち歩けました。

節約、節約。

 

 

2日目のハイライトはタイムズスクエア

空港を出て、地下鉄の乗り方を覚え、エアビーにチェックイン、家の周りのスーパーなど周辺探索をしたのち、2日目のハイライトは何と言ってもタイムズスクエア!

キラキラのピカピカです。

人もたくさん、ネオンもたくさん。

警察もたくさん。

ゆい
ゆい

しかもみんな銃持ってて怖い

「眠らない街」って感じでした。

ですが、「東京の方が都会だなー」と、ニューヨークに行ってみて感じました。

タイムズスクエアは間違いなく賑わってるし、もちろん東京の渋谷や新宿より迫力がありますが、一本裏路地に入ると意外と普通の街並みが広がっているのに驚きます。

「都会の範囲の広さ(?)」では日本の勝利かなって感じです。

でも、感動しました。

帰りに寄ったカフェで、友人がベーグルにクリームチーズとサーモンの挟まったサンドを頼んだつもりが、現れたのはクロワッサンにクリームチーズとサーモン。

しかも$13

ぼったくり?大きかったので翌朝の朝ごはんにまでなったので良しとしますが(笑)

 

 

前編終わり

カナダのハリファックスからニューヨークには直航便で2時間程

ニューヨークの空港やターミナルの注意点、観光の足となる地下鉄、宿泊と、少し観光について触れました。

明日の記事では本格的にニューヨーク旅行にお連れします。

やっと観光ですよ。

では、また明日。

 

前回のPEI編では大都会ニューヨークとは正反対の、自然に囲まれた優雅な休日の模様をお届けしております。

 

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました