【梅雨】傘はささない?海外の雨の日事情

JAPANESE

こんにちは、ゆいです。

日本列島も梅雨入りですが、最近の梅雨の雨って、梅雨っぽくないっていうか、、、なんかジャングルみたいな降りかたな気が、、、(私だけ?)

 

ここのところ雨ばっかりだな、、、と思って今日の記事のネタを考えたのですが、ズバリ「雨」です。

海外の雨事情。主にカナダ編。

行ってみよう。

 

 

家に傘がない?

カナダへの半年間の留学中に衝撃的だったホストファミリーとのやりとりは幾つかあるのですが、その中でも割と群を抜いて驚いた話をします。

これは完全に私のミスなのですが、半年も海外に行くのに、折りたたみ傘の一つも持って行かなかったんですよ、、、

もともと日本でも傘を持ち歩かない人で、降ったら濡れるからコンビニに駆け込むかの二択なんですね。たとえ、予報が雨でもその時に降ってなかったら持ち歩かない、、、留学に旅立った日は晴天で、いつもどおりっちゃいつもどおりなんですけど、傘を持たずに私の留学はスタートしました。

ゆい
ゆい

ホームステイだし、言ったら貸してくれるっしょ

という軽い気持ちで、持ってこなかったことに関しても大して重く受け止めていませんでした。

そして、いざ雨降りの日を迎えた時

その日は朝から雨で、学校に行くために乗るバス停までは歩いて10分弱あるので、傘なしは厳しい日でした。

なんの気無しに、

「日本から傘を持ってくるの忘れたのー、近いうちに自分で買うからとりあえず今日は貸してくれないー?」

とホストファザーにお願い。

「傘?傘なんてあったかな、、、」

——捜索中——

「ごめんよ、ゆい、今家に傘がないみたいなんだ、、、代わりにこれを貸してあげるよ」

と、手渡されたものはパピーの作業用のゴッツイウィンドブレーカーの進化版みたいなやつ。

しかも真っ黄色。

蛍光イエロー。

カナダ人のパピーは背も高く体格も割といいので身長153cmの私が着ると、ワンピース状態。

歩く蛍光イエローでした。

 

ゆい
ゆい

ってかまって。

傘ないの?お家に?誰も使わないの?傘。

 

深追いはしませんでしたが、そのあと意識してみていると、少なくともうちのホストファミリーは雨の日のお出かけには雨よけのファッショナブルなレインコートみたいな物を着ていました。

※全ての家庭に傘がないわけではありません。ホストファザー曰く、「今は」ないとのこと、「昔はあった」と言っておりました。

この一件以来、「まあ必要に迫られるまではいっか」という謎の余裕を身につけ、結局帰国まで傘は一度も購入しませんでした。

 

 

カナダの人って雨降った時どうするの?

「外国の人って、日本人ほど傘ささないんだよ」

と、風のうわさで聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

そうなんです。

カナダに限らず、アメリカやヨーロッパに留学していた友達も言っていましたが、小雨程度ならなんの防具もなしに歩きます。

さらに、冬が長いカナダの場合、雨よりも雪が降っている時の方が多く、雨の存在がそんなに気にならないのではないか、、、とも思います(笑)

「いや、これは普通に雨でしょ」

っていうレベルの降り方の時も、傘をさしている人口は少なめ。みんなウィンドブレーカーとレインコートの間みたいな雨よけの上着でしのいでいます。

 

 

なぜだろう

考えてみました。

これはあくまで私の個人的考察ですが

 

1:そもそも雨が少ない

これは体感です。

5か月の滞在中、後半は冬だったこともあり、雨よりも雪が降っていました。

夏から秋にかけても、降るには降るのですが、ザーザーとびしょ濡れになる程の雨が1日中降っているということもなく、しとしとと降っては止み、降っては止みの繰り返しだったように思います。

スコールのように突然の豪雨が降る時もありましたが、切り上がるのも早く、少し建物の中に避難していれば落ち着いて難を逃れました。

 

2:車移動が多い

これもあるかも。

都市部は違うかもしれませんが、田舎の方だと住民のほとんどは車で移動します。家の目の前から目的地の目の前まで移動できてしまう車があれば、わざわざ傘を持たなくても良いとも言えます。

バス停や駅から歩かなければいけないと、逆に傘は必需品かもしれません。

私も、雨の日に屋根のないバス停で降ろされ、のりかえのバスを20分くらい濡れながらまったこともあります。

バス停の姿を見て、降りる前に気づくのに避けられない現実、、、辛いです。

 

3:

うーんと、ない。

ないです。

車移動の合間に使うならさ、カッパより傘の方が、車内が濡れなくて便利だし、雨少ないって言っても、ゼロではないじゃん?

やっぱ傘もとう?

うん、そうだよ。それがきっといいよ。

って思ってしまいます。

 

 

そんな時に役に立つのが

キャップ!

海外に出て気づいたんですが、キャップって万能です。

  • 日よけ
  • 雨よけ
  • 寝癖隠し

朝起きてシャワーを浴びて半乾きのまま雨の中外にでる時とか、、、もうキャップあれば何もいらないです。

わざわざ髪の毛セットしなくても見えないし、なんて便利なのだろう。

 

 

まとめ

この記事を書くにあたって考え直すと、

  • なぜ傘を持って行かなかったのか
  • なぜ傘を買わなかったのか
  • なぜ傘が家になかったのか

と、疑問は尽きませんが、なぜか現地では気にならないんですよね。

周りの人も割と雨に濡れて歩いているし、傘さしている人あんまりいないし、傘高いし、「まあいっか」ってなります。

論より証拠

皆さんも是非海外風(?)雨の日の過ごし方を試してみてくださいね。

 

では、お付き合いありがとうございました!

 

 

 

 


このブログでは、

“大学生”と“留学”をキーワードに、役立つ情報を掲載予定!

  • リクエスト記事
  • 留学経験者に聞きたいこと
  • その他ご意見、ご要望など、

コメント欄や各SNSより、気軽にお寄せください!

>>> CONTACT US


 

\この記事を書いたのは、ゆいです/

都内の私立大学に通う4年生女子。

2017年8月から2018年1月まで、カナダはノバスコシア州の州都、ハリファックスに半年間留学。

Saint Mary's Universityの語学学校と大学の授業を受けていました。

趣味は田舎巡りで、好きなカナダ料理はプーティーン!

 and more...

Learn more about JAPACANA

この記事が気に入った方、このサイトの運営をしているJAPACANAについてもっと詳しく知りたい方はコンセプトをチェック!

If you like it, please check our society concept for more information!!

JAPANESE留学中の生活
\SHAREしてね!/
\ #japacanaでFOLLOWしてね!/
Japanese Canadian Society

COMMENT コメント

タイトルとURLをコピーしました